FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

かごしまふるさとカルタ 曾木の滝

かごしまふるさとカルタ
       林 竜一郎

    そ

発電の
遺構を見せる
曾木の滝

そぎのたき2
(曾木発電所跡)

【 中世のヨーロッパ? 】

川内川の中流、
伊佐市大口の曽木の滝は
勇壮な景観から「東洋のナイアガラ」とも呼ばれます。
水力を利用し
一九〇七年(明治四〇年)出力八〇〇〇kwを誇る
「曽木第一発電所」が作られます。
当時、大口にあった
三か所の金山の動力源・近郊の電灯用電源として使われ、
余剰の電力を
あのチッソ株式会社みなまた製造所に供給していました。
発電所の導水管の一部は
「洞窟きのこ園」となり、
固い岩盤を削ったノミの跡をまぢかに見ることができます。

その二年後、
滝のやや下流に第二発電所(出力六七〇〇kw)も完成しました。
幅四三m・奥行二〇m・高さ一九mの、
レンガの洋風建築は
まるで中世ヨーロッパの古城のようです。
今は鶴田ダムの完成とともにその役目を終え、
ダム湖である大鶴湖に眠っています。
洪水に備えて貯水位を下げる五~九月頃に、
また姿を現します。

 そぎのたき1
(曾木の滝)

スポンサーサイト

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
コアラ時計

by Animal Clock
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

文字を大きく・小さく
    TOEICボキャドリル

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    このブログ内を検索する
    Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
    FC2カウンター
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。